キノコキトサンが摂取できるエノキ氷とは?キノコキトサンが摂取できるエノキ氷

■エノキ氷ブーム席巻
ダイエット食品としても、生活習慣病対策としても人気のあるエノキ氷は、あるテレビ番組で紹介されたことからブームに火がつきました。番組放送後は、えのき茸が売り切れるスーパーや八百屋さんも続出したのだとか。えのき茸を加工して毎日食べるだけで健康になれるのですから、手軽さとリーズナブルさが嬉しいですね。

なぜエノキ氷に加工?
そのまま食べてもおいしくて低カロリーで栄養満点のえのき茸ですが、ミキサーにかけて煮出し、冷凍にすることで、えのき茸に含まれる栄養素を吸収しやすくしながら旨味を引き出し、毎日手軽に利用できるようになります。これは、えのき茸生産量日本一の長野県中野市で考え出された、えのき茸のよさを存分に味わうための究極の方法なのです。

えのき茸にはキノコキトサンが含まれていますが、細胞壁にあるため、通常の食べ方ではその効能を生かせないまま排出してしまうことが多いのです。ですからミキサーで細胞壁を壊し、煮出すことによって、そのまま食べるよりも12倍もキノコキトサンの効果の恩恵にあずかれるのです。

今まで知らず知らずのうちに、貴重なキノコキトサンをムダにしていたのですね。
さらに、こうした工程で旨味も13倍も増しますから、さまざまな料理をおいしく味付けすることができるのです。

■エノキ氷の作り方
適当な大きさに切ったえのき茸300gを、400ccの水と一緒にミキサーにかけてペースト状にします。それを鍋に入れ、沸騰させてから30分以上コトコト煮つめ、冷ましてから製氷皿に流し込んで凍らせます。これだけで完成!注意点としては、えのき茸は水洗いすると栄養が流れていってしまうので、石づき部分を切り落としてからよくはらい落とし、そのまま洗わないで使いましょう。

めんどうな人は、ネット通販などでエノキ氷の完成品が売られていますので、それを利用してくださいね。

■エノキ氷のキノコキトサンで健康に
できあがったエノキ氷は、お味噌汁やドレッシング、パスタソースなど、幅広い料理にポンと入れるだけで、旨味と栄養素が増します。どんなメニューにもしっくりなじむ味なので、オリジナルアレンジを楽しみましょう。毎日食べることで、お通じがよくなったり、体脂肪率が下がったり、コレステロール値や中性脂肪が下がったりと、キトサンパワーそのままの効果が現れます。

ぜひ試してみてくださいね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ